サイトマップ(全メニュー)  

放射能のデータ。地域別。時系列。風向。水道水・雨・戸外。

●安売りの店舗一覧
100円ショップ
コンビニのATM無料時間帯
家電・パソコン・カメラなど
雑貨(グッズ・アクセサリーも)
服・ファッション
靴(シューズ)
メガネ・コンタクト


SI系タイムスタンプ及び行政書士系タイムスタンプ済み (当ブログサイトに記載された日時とは無関係です)











質問: クラウドで保存されるメールが最近多いですが、安心ですか?

上記のタイトルの回答として、次の記述がかなり参考になると思います。とりあえず、結論を言いますと、下記の「り」や「れ」のほうが可能性が低いことでわかるように、クラウドのほうが安心ということです。

 「壊れて閲覧できなくなる」という観点で言うと、次に示す「ら」のほうが「り」よりもはるかに可能性が大きい。
 
ら・・・自分のパソコンが壊れて復旧不能になったり紛失したりする可能性
り・・・メールサーバーがウイルスや不正侵入等で壊れて復旧不能になったり、災害で壊れたりする可能性
 
「メール内容を知られてしまう」という観点で言うと、次に示す「る」のほうが「れ」よりもはるかに可能性が高い。
 
る・・・自分のパソコン内やスマホ内のメールを自宅や会社や学校の人に無断閲覧されたり、スマホやパソコンを紛失して無断閲覧される可能性
れ・・・パスワードを知られてメールを無断閲覧される(他のパソコンからメールサーバーにアクセスしてメールを無断閲覧される)可能性。なお、万一パスワードを知られてもパスワードを変更すれば、以後は安全。
 
「る」の場合は新着メールを閲覧するたびに自分のスマホやパソコンに新着メールを保存し、なおかつ、メールサーバー内のメールを削除することが重要です。さもないと、メールの保存場所が「自分のスマホやパソコン」と「メールサーバー」ノ2箇所になり、守るべきところが2箇所になってしまうからです。1箇所のほうが不正閲覧の可能性が低いからです。

補足説明: 
このページでは「メールサーバー」=「クラウド」とみなしてください。最近のメールサーバーはクラウドになっているものが多いし。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/29 15:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://superportal333.blog135.fc2.com/tb.php/24-264968dd




 スポンサード リンク















 ┃┃┃






ロボット掃除機に乗って遊ぶ猫






 スポンサード リンク